So-net無料ブログ作成
検索選択

あみプレイアムアウトレット について 2009年8月~ [アウトレットセンター]

後半に、あみプレミアムアウトレットについて、アンケート・意見の書けるコメント記入欄があります。

今後、このホームページから、様々な商業施設へ、提言・苦情ができればと考えていますので、是非、ご協力下さい。但し、公序良俗に反する内容、意味不明、相手を中傷する内容(実名記入)等は削除の対象です。ご了承下さい。 

あみプレミアムアウトレットが今夏 オープンしました。連日、大盛況のようですね。

さて、まずは、場所と規模を確認しましょう。

あみプレミアム・アウトレット

事業主体は チェルシー・ジャパン  ホームページは http://www.premiumoutlets.co.jp/

■敷地面積 約165,000㎡ (駐車場含む)

■店舗面積 約21,000㎡

■店舗数 104店(開業時)

■駐車台数 2500台

という大きな施設であります。

圏央道から直ぐに入れる事が最大の特徴ですが、東京に最も近いところにあるアウトレットモールでもあります。

同様の御殿場アウトレット、佐野アウトレットもチェルシー・ジャパンのものですが、これほど近いものはありません。

成田空港にも近く、将来は直接、圏央道で「寄れる」。しかし、現在は、国道408号で行くしかありません。

お客のナンバーを見ると、「千葉」「柏」「野田」「土浦」「水戸」「足立」かろうじて「春日部」であり、今ままでアウトレット空白地帯からの客がほとんどのようです。

バスもJR荒川沖駅より、往復500円で行ける。JRと関東鉄道の共同運航によるバスです。

阿見町にありながら、阿見町のはしっこなので、牛久・龍ヶ崎からも近い感覚があります。

Image012.jpg

 飲食スペースの写真です。お店の数は良いとしても、筆者的には、ありがちな店だった事と、値段としても客単価750円~900円くらいというのもどうかと感じたところです。

Image013.jpg

夜は、客数も少なく、落ち着いて買い物ができます。

Image020.jpg

 

この施設のシンボルではないのですが、巨大な牛久大仏が見えます。

Image021.jpg

流通の専門家の記事を掲載しています。

是非ご覧下さい!

では、ここより、アンケートです。参加自由ですが、不満・不平・改善させたい等ご意見もあるかと思いますので、是非、ご参加下さい。

 

 

最後に、コメント欄について、ご自由に あみプレミアムアウトレットについてご意見をお書き下さい。

因みに、当方は、阿見プレミアムアウトレット関係者ではありません。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

アウトレットセンター不況のなかで健闘 [アウトレットセンター]

ショッピングセンターには、さまざまなパターンがあります。そのなかで今一番注目を集めているのが、アウトレットセンターと呼ばれるものです。アウトレットセンターの1号店は、1973年にメイン州キットリーにオープンしたものと言われています。陶器、ガラス器、銀器などの製品で有名なダンスキンで働いていたバリー・M・ギンズバーグ氏のアイデアによるものだそうです。日本では、1993年に埼玉県ふじみの市にオープンした「アウトレットモール・リズム」が第一号といわれています。それから16年、現在33ヵ所のアウトレットセンターが誕生しています。この7月には、茨城県阿見町に「あみプレミアムアウトレット」がオープンしていますが、来年(2010年)には、北海道と滋賀県に三井不動産が作ることになっています。景気が低迷し、消費不振の中でも、アウトレットセンターは、確実に発展しているようです。日本人のブランド好きは治まりそうもありません。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。